• 県政に新しい風を

    静岡県議会議員・良知 駿一
  • FM Haro! (76.1MHz):モーニングサテライト

    朝7:30~8:00(第4木曜日担当)

静岡県の皆様へ

議会議員としての想い

静岡県議会議員として

浜松市北区からご選出いただいた静岡県議会議員の良知駿一です。

地域の目前の問題に対処、そして自分の専門性を生かした課題解決を目指します。

さて、現在日本は激動の社会に足を踏み入れていると感じています。
少子高齢化という社会の年齢的な構造の変化。
人工知能、AIによる作業分担の変化。
世界の国々の自国第一主義への変化。
そして気象の変化。

このような激動の時代に対しては様々な分野の知識を生かして変化に向き合っていかなければなりません。
地域の代表として声を届けるだけでなく、プラスアルファの能力を持った政治家が必要になってきます。

私は高校生の時から情報通信技術を学び、議員以前はコンピューターエンジニアの職に就いておりました。
また、現役の消防団員として地域防災に務めてまいりました。
これらの情報通信技術・地域防災の知見を県政に生かせないかと考えています。

県政に新しい風を

良知駿一の考える静岡県とは

納得のできる社会へ

現在のこの社会は一定の決まりや仕組み(以下ルール)に則ってで…

情報通信技術の活用

今やどの産業・分野においても「情報通信技術」を抜きにしては語…

防減災と復興のための仕組みづくり

残念ながら今の技術力では地球の活動の制御は困難です。災害は必…

人への投資

社会を構成するのは言うまでもなく「人」です。 人が育てられ、…

県政に新しい風を

良知 駿一は、
「静岡県に住んでいてよ かった」と感じられるような社会を目指します。